当院について

施設紹介

HOME > 当院について > 施設紹介

器具・設備紹介

  • 鍼
  • パルス
  • シンノウル
  • 光線機
  • 吸玉(カッピング)
  • 鍼

    鍼については使い捨て鍼を使用しており、衛生面においても万全を期しております。
    大きさは、髪の毛ほどの細さで、注射針と違い身体を傷つけず痛みも殆ど感じません。

    鍼灸治療では、肩こり、腰痛、手足のしびれ、頭痛、鼻炎、食欲不振、肥満症、交通事故のむち打ち症など、さまざまな病気の治療を行っています。
    鍼の苦手な方は鍼以外の治療もございますのでご相談ください。

  • パルス

    パルス

    低周波鍼通電療法とも呼ばれます。
    パルスでは筋肉や神経に鍼を通じて電気刺激を与える事で、痛み・痺れ・神経痛などを抑制し症状を緩和させます。
    また、筋肉の萎縮を防止したり、筋力強化の手助けをしたりとリハビリ効果もある治療法です。

    五十肩・椎間間接性腰痛・ぎっくり腰・筋肉の拘縮・坐骨神経痛などに効果があります。

  • シンノウル

    シンノウル

    シンノウル療法とは、体内に流れている電流と同様の電流を独自の仕組みで点送することにより、体内をイオン化。さらにイオンバランスを整え、自律神経のバランス調整・新陳代謝の促進を行い、「自然復帰力・免疫力」を向上させる治療法です。

    60m/sのパルス幅で体内に点送通電する為、ビリビリとした痛みや不快感を与えずに深部筋にまで効果を与えることができます。

  • 光線機

    光線機

    カーボンアーク灯治療器ともいいます。
    光線治療器では、太陽光に似た光線を人体に当てることで、赤外線・可視線・かすかな紫外線の連続スペクトル光線の熱の効果によって日常生活に必要不可欠なエネルギーを補填する治療器です。

    光線治療器によって細胞単位で温められた筋肉に鍼治療やマッサージを加えることでより柔軟な筋肉となり、血流が改善され様々な症状を改善することができます。

  • 吸玉(カッピング)

    吸玉(カッピング)

    吸玉療法はカッピングとも呼ばれ、紀元前からギリシャ・中国に渡って使用され、数千年の歴史を持ちます。

    吸玉療法は、血液をきれいにする効果があります。
    筋肉が凝って硬くなっている部位や内蔵の働きが悪くなっている部分は、古くなった血液が滞る原因となっています。患部の皮膚を吸玉で吸引し、滞った古い血液を破壊します。そうすると体から脳へ『血が足りない!』とサインが出され、脳から血液を作るように命令が発信されることで、新鮮できれいな血液が作られます。